ホーム > メンタルヘルス > 吃音が幼児期に発症した場合

吃音が幼児期に発症した場合

吃音者は他の人とは違う話し方になってしまうため、

人前で話したりする事が極度に不安になり話せなくなってしまったり、

人と接することが苦手になってしまったりと集団行動が困難なってしまうので、

本人にとってとても強いストレスになってしまい自律神経失調症になってしまったり、酷くなると鬱病やパニック障害まで発症してしまう事になります。

どもり・吃音が幼児期に発症した場合、

吃りがでてしまったときに言い直させたり否定的な言葉を言ったりすると余計に吃りがひどくなってしまう場合が多いようです。

静かに見守りあたたかく聞かなかったふりをする位の方が良いようです。

MRM吃音改善の内容をチェック

責めたり、頑張れと応援したりする事が本人の負担になってしまうのです。

気長に根気よく聞いてあげる事が、吃りの改善につながるのでこころがけるようにしましょう。